セミリタイアして思った事・気づいた事

2019年4月、50代半ばでセミリタイアできました。これからの人生を考えたり、四季の移ろいで感じた事を綴っていきます。ゆったりと過ごしていきましょう。

コロナ失職、6万人超え!もうじきインフルと一緒に第3波がやってくる

今年もそうすぐ10月

限りある人生だけど、自粛ムードのまま1年にが終わりそうな雰囲気になってしまった。

ここにきて、新型コロナによるコロナ失職が6万人を超えましたね。

f:id:fukusunosaifu:20200506064753p:plain

 雇止めが加速しているようです。

www.asahi.com

 

 7月、コロナ失職は3万人でした!

 7月に書いた記事ですが、この当時は3万人が仕事を失っていました。

fukusunosaifu.hatenadiary.jp

 

その後の失職業種に変化がありますね

コロナ失職数は第2波の影響で、加速化してる。

ここ3週間で1万人増加しています。

しかも失職する業種に変化がみられるようです。

 

これまでは海外旅行者減少の影響をモロに受けていた、「宿泊業」の失職者が一番多かったみたい。

7月以降、第2波でコロナ終息まで長期戦となったため、「飲食業」での解雇や雇止めが多くなってしまった。

飲食業 9814人

・製造業が9561人

・小売業が8526人

・宿泊業が7818人

 

「アパレル業界」は瀕死の状態とも聞く。

外出しなければオシャレの必要性が極端になくなるからね。

 

6万人の失職者は、ハローワーク等の情報をもとに算出されているらしい。

つまり氷山の一角。

実際のコロナ失職数は数十倍はなるだろうね。

 

 

これからのコロナ失職者の予想

まだ記憶に新しい リーマンショック

あの時の失業者数は100万人

今回のコロナ失職は 労働人口の6%、約265万人になるとの予想もある。

ワクチンや治療薬の開発遅れがあると、未曽有の大量失職時代になる可能性は否定できない。

まずは派遣社員の雇止めから始まるでしょうね。

「失業者265万人・失業率6%」21年前半の日本、衝撃予想の根拠 | 大失業時代の倒産危険度ランキング | ダイヤモンド・オンライン

 

 

 

はげみになります


セミリタイアランキング